健康と美容に欠かせない成分発見【コンプレックス解決】

合併症がある

糖尿病治療の価格相場

medicine

糖尿病の治療にかかる治療費は、合併症や危険因子の有無によって大きく変わってきます。一般的な糖尿病の治療費ですと、年間約25万円程度の費用が掛かります。自己負担額はそのうちの3割程なので、年間約7万5千円近くの負担になります。これは軽度の場合の治療費であって、食事や運動だけで血糖値が改善されない場合は、薬物療法やインスリン療法が行われます。これに伴って治療費が加算され、保険が適用されても月額1万円以上の費用が掛かります。1年間で掛かる金額にすると12万円以上掛かってしまうことになります。金額は決して安価とは言えませんが、しっかり通院しないと合併症を引き起こしてしまう可能性があるので、定期的通うことをおすすめします。

インスリンの登場と効果

糖尿病の治療に関して、かつての方法と最も変わったことはインスリンの登場です。体内のインスリンの量がゼロになると、人は生きる事が出来なくなります。これほどまでに人間の生死に直接関わってくるインスリンは、糖代謝には欠かすことの出来ない唯一無二の存在です。糖尿病になると様々な分泌物が不足してしまうので、それを注射で補っていくというシンプルな作業がインスリン治療です。これによって、過去には不可能だった健常な血液のコントロールが可能になりました。安全で自然な分泌物に近いナチュラルなインスリンは、今や糖尿病治療に欠かせないものとなっています。今後も、より高い効果で使いやすい治療薬に進化していくと思います。